性感染症治療薬通販サイト

寄生虫が原因の性病「トリコモナス症」

トリコモナス

目次

トリコモナス症にかかると

トリコモナス症は昔から知られている比較的一般的な疾患です。性感染症の1つとして分類されていますが、性交渉以外の原因でも感染する事のある疾患で、感染すると男性の場合、尿道の分泌物や炎症が増え前立腺炎を引き起こすことが多いですが、自覚症状のない事の方が多く、また、潜伏期間も淋菌よりも長い10日間程あります。

女性においても約半数は自覚症状がないのですが、男性と比べ現れる症状が多いです。女性においては、1/3程の人が6ヵ月以内に何かしらの変化や症状が現れ、特におりものに変化が生じることが多く、泡状の強い悪臭のある黄色いおりものの増加や血の混じったおりものが出たり、外陰や膣の刺激感や強いかゆみを引き起こし、さらに女性はトリコモナス症により、将来「不妊」や「早産」、「流産」のリスクが高くなることがあります。

トリコモナス症の原因

トリコモナス症は「トリコモナス原虫」という寄生虫が原因で引き起こされる疾患です。このトリコモナス原虫はどこにでもいる寄生虫で、性行為だけでなく、身に付ける下着やタオル、便器やプールや温泉・お風呂場などでも感染します。これは、トリコモナス原虫が寄生している人の体外に出ても水のある場所であれば生存すること出来る事からで、また、トリコモナス原虫は水では洗い流せない為、これにより子供がトリコモナスに掛かるという事もあります。

トリコモナス症は1度感染すると再発も多く、治療が不十分でトリコモナスが残存していたり、子宮頚管や尿路などの隣接する臓器に生息していたトリコモナスにより再感染する事もあります。ですが、感染先が尿道だった場合、何も治療していなくても普段の排尿により寄生したトリコモナス原虫が自然に体外に流れ出ていくこともあります。

また、トリコモナス症において女性に生じるかゆみにの原因についてはトリコモナス原虫の直接的なものが原因ではなく、膣から分泌される膣の清潔を保つ「グリコーゲン」をトリコモナス原虫が餌にしてしまい減少してしまう事で膣内に細菌が増殖しやすくなり、細菌性膣炎を引き起こす為と言われています。

トリコモナス症の検査と治療法は?

トリコモナス症の検査は綿棒などで尿や分泌物を採取し、顕微鏡などでトリコモナス原虫がいるかどうかを診ます。治療は男性も女性も投薬により治療され、女性の場合は内服薬でなく膣錠を処方されることもあります。基本的には、フラジール錠250mgやメトロニダゾール(5-ニトロイミダゾール系抗原虫薬など)を1日500mgを10日間、又はチニダゾールを1日400mgを7日間投与するのが一般的ですが、薬剤に耐性を示すトリコモナス原虫もおり、高用量の再投与でも治療効果が現れないといった例も報告されています。

また、投薬により症状がなくなっても原虫が体内に残っている場合もある為きちんと体内から全て排除されたかを再検査してもらう必要があります。

パートナーとの同時治療が大事!

これはトリコモナス症に限らずどの性感染症にも言える事ですが、どちらかに性感染症の疑いが生じた場合パートナーも一緒に検査・治療を行う事がピンポン感染を防ぐ大きなポイントとなります。また、何か症状がなくても定期的に検査するというのが最も安心で早期発見・早期治療ができるため、積極的に検査してもらいたいと思います。

down

コメントする