性感染症治療薬通販サイト

性交渉が無くても掛かる「カンジダ症 」とは?

カンジダ

目次

女性は特に掛かりやすいカンジダ症とは?

カンジダ症とは、もともと人間の体内に存在している真菌(カビ)「カンジダ菌」と呼ばれる常在菌が何らかの原因により異常繁殖してしまう事で引き起こります。そのため、性感染症とされてはいますが、女性は特に疲れやストレスなどによりホルモンバランスが乱れ、免疫力が落ちたり、膣を必要以上に洗浄してしまう事や妊娠により引き起こりやすい為、男性よりも圧倒的に女性の発症が多く、「カンジダ症になってしまった=性感染症に感染した!」というものでもありません。

男性は包茎により清潔にするのが困難でそれにより発症する事もあります。また、性交渉でカンジダ菌が女性から移ったとしても、毎日きちんと清潔にしている限り発症にまで至る事は少ないですし、女性も性交渉により男性から移されるというよりも、性交渉時に雑菌が入り繁殖してしまったり、性交渉後にきちんと清潔に出来ていなかったりしたことにより発症するといった事がほとんどだと言えます。

また、この他にカンジダ症になってしまう原因として、抗生物質の服用によって常在菌も殺菌されてしまって異常に増えてしまう事や下着などで性器が蒸れ増殖してしまうという事があげられます。

カンジダ症に掛かるとどうなる?

カンジダ症に掛かると女性はおりものの量が増え、おりものがヨーグルトやカッテージチーズの様になったり、ツンとした臭いがしたり臭い自体がきつくなったりします。また、膣や外陰部といった性器全体に耐えがたいかゆみ・痛み・腫れなどが生じ、性交痛が起こる事もあります。

男性は性器から白いカスが出てきてかゆみや痛みが生じ、さらに性器の表面が乾燥するといった事も起こり尿道に菌が侵入してしまうと尿道炎になる事もあります。

男女共に白いカスやおりものが出るのがカンジダ症の1つの大きな特徴となり、この様な症状が出たらまずカンジダ症かも?と思って良いでしょう。

カンジダ症の治療法は?

カンジダ症の治療は抗真菌作用のある塗り薬や膣錠、内服薬といった治療薬により治療します。塗り薬であれば市販でも販売されていますが、カンジダ症とよく似た症状の出る疾患や性感染症がある為、性交渉をしていない場合を除いてきちんと婦人科や泌尿器科で診断してもらった方が良いでしょう。

主なカンジダ症の治療薬としてカンジダ症治療の為に作られた「ダイフルカン」や「ラミシール」、抗真菌医薬品の中でも即効性と効果が強い「ニゾラール」があり、また、ダイフルカンのジェネリック「フォーカン」「ゾコン」、ラミシールのジェネリック「テルビナフィン」もよく用いられています。

カンジダ症に似た他の性感染症や病気

カンジダ症の発症時に現れる、おりものの変化やかゆみ症状を引き起こす性感染症や病気は他にもあります。ただし、おりものの変化やかゆみの出方・程度はそれぞれ異なっている為、知っておくことでおおよその病気を検討する際の1つの目安になります。

「おりものの変化や性器にかゆみが現れる性感染症・疾患」

  • トリコモナス腟炎・・・カンジダ症と同じく気になるほど臭いが強くなり、黄緑色で泡状のおりものが多く出ます。その他、排尿時の痛みや性行痛、強いかゆみ、男性であれば尿道から膿が生じます。
  • 細菌性膣炎・・・魚の様な生臭さと水っぽく灰色のおりものが多く出てむずがゆさやチクチク・ヒリヒリとした刺激感が生じます。
  • 子宮頸管炎・・・薄黄色の粘り気のあるおりものが生じ、下腹部痛、腰痛、発熱を伴うこともあります
  • 老人性膣炎・・・悪臭のある少量の黄色いおりものとかゆみ、性行痛、膣の乾燥が生じます。(卵巣を摘出した方や閉経後の方に起こりやすい疾患です。)
  • 性器ヘルペス・・・男女共にかゆみとニキビの様なデキモノが生じます。
  • 接触性皮膚炎・・・虫刺されやじんましんの様な湿疹が現れかゆみを伴います。
  • 皮膚掻痒症・・・性器ヘルペスや接触性皮膚炎の様な見た目に分かる変化が無くかゆみのみ生じます。

カンジダ症は口内や食道にも!

カンジダ症は性器以外にも発症します。性器に発症する性器カンジダ症意外には、口内に発症する「口腔カンジダ症」と食道に発症する「食道カンジダ症」があります。

発症の原因は性器カンジダ症と同様で、免疫力の低下や口内をしっかりと清潔にしていないといった事で、症状はどちらも白濁が現れ、ただれや痛みを伴います。ひどい場合には吐き気や嘔吐、味覚障害、肋骨部分に痛みを引き起こす場合もあります。

down

コメントする