性感染症治療薬通販サイト

気になるデリケートゾーンの臭いの原因は?

デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンはなぜ臭う?

女性は特に気になるデリケートゾーンの臭い。毎日しっかり洗っても臭うのはなぜなのでしょうか?

デリケートゾーンの臭いにはいくつか種類があり、よく「デリケートゾーンが臭うイコール性病」と思われることもありますが、それ以外にも臭いの原因があります。

デリケートゾーンの臭いの原因は大きく分けると生理的なものと病的なものになり、生理的なものには「体調不良によるもの」「恥垢によるもの」「生理によるもの」があり、また、病的なものには「性感染症によるもの」「雑菌によるもの」「陰部のワキガによるもの」などがあります。

「体調不良によるもの」

ストレスや過労で女性ホルモンのバランスが乱れ、それによっておりものの量が増え臭いが増してしまいます。これは女性の体特有のもので改善するにはホルモンバランスを乱すもととなるストレスや疲れを溜めないようにすることですが、それ以外にもデリケートゾーン専用の石鹸で洗うことで改善することができます。

「恥垢によるもの」

デリケートゾーンに溜まった汚れのカスが臭いの原因となります。きちんと洗えていなかったりする事で恥垢が溜まってしまいますので、溜まりやすい溝の辺りなどを丁寧に洗うようにすることで回避することができます。

「生理によるもの」

生理の経血のにおいが血生臭くナプキンが蒸れたりもするのでそれによって臭いがこもったりもします。自分では臭いを感じますが、生理の臭いが外に臭うことはほとんどありませんのでそこはあまり心配いらないと思いますが、こまめにナプキンを取り換える・入浴の際は経血をよく洗い流すようにしましょう。

「性感染症によるもの」

性感染症の中には感染することでおりものに変化が起こり独特の臭いを放つものがあります。よく「ツンとしたチーズのような臭い」「おりものが泡の混じった黄色や緑がかった色できつい臭い」「鼻につくような腐ったような臭い」と言われるものがありますがおりものの変化ときつい臭いが伴っている場合は性感染症にかかっている可能性大ですのですぐに婦人科を受診しましょう。また、こうした変化のある時は性行為を控え2次感染が起こらないようにするという配慮も重要です!

「雑菌によるもの」

デリケートゾーンに何らかの要因により雑菌が増殖してしまうと女性の体はそれらを体外に排出しようと膣分泌物(おりもの)の量を増やします。元々おりものには独特の臭いがありますが、通常であればそれほど気になるほどではありません。しかし雑菌によって量が増えるとおりものの臭いが増し、さらに雑菌がおりものと混ざることでも悪臭を放ちます。この場合も婦人科を受診し適切な処置をすることで改善されます。

「陰部のワキガによるもの」

ワキガと聞くと脇が汗臭い病気と思われがちですが、ワキガは脇だけでなく陰部にも起こります。陰部のワキガは「スソワキガ」と呼ばれているのですが、原因は脇のワキガと同じ汗が分泌されるアポクリン腺に雑菌が繁殖することで起こります。このスソワキガは体温やホルモンバランス、食事や体調によって臭いの強さが変わり性行為の際の興奮で最も臭うと言われています。

スソワキガの改善策としては毎日入浴の際にしっかり洗う事はもちろん、入浴後にデリケートゾーン専用のデオドラント製品を使うようにする事で臭いを防止できます。

デリケートゾーンの変化には注意!

おりものは女性の健康状態を図ることのできる1つのバロメーターでもあり、毎日お付き合いするものです。このおりものに変化が出るときには何かしらの要因が必ず隠れていますので普段から変化に気が付けるよう意識するようにすることをお勧めします。

また、雑菌や感染症が原因である場合には早い治療がその後を大きく左右します。自己診断で放置するなどして進行してしまうと他の病気を併発してしまったり最悪の場合、不妊などに陥ってしまう事もありますので「あれ?何だかいつもと違うな」「おりものの臭いが強い日が続いているな」などと感じたら1度婦人科やクリニックを受診するようにしましょう。

down

コメントする