性感染症治療薬通販サイト

性病の咽頭感染予防にマウスウォッシュが効果あり!?

咽頭感染

若年層に激増している性病の咽頭感染

現在、日本では梅毒を中心に性病感染が急増しており社会問題となっています。特に若年層の感染者が多く、厚生労働省の発表によればその中でもさらに女性の感染者が多いそうです。

これには若年層の不特定多数との性行為の増加と性病や性病予防への意識の低さが原因としてあげられ、コンドームなしでのオーラルセックスによる性病の咽頭感染が目立っています。

性病の咽頭感染予防にマウスウォッシュが効果あり!

そんな中、オーストラリアの研究チームにより「性病(淋病)の咽頭感染予防にマウスウォッシュが効果あり」という研究報告が発表されました。

発表された研究報告によると「リステリン」や「モンダミン」といった、今では日本でもなじみのあるマウスウォッシュを日常的に使用することで淋病の咽頭感染予防が期待できるといったものです。

この研究・実験は同性愛者又は両性愛者の検査で淋病の咽頭感染に「陽性」結果が出た男性58人を被験者とし、アルコール濃度21.6%の市販のマウスウォッシュを用いて行われました。

この時実験に用いられてマウスウォッシュは、製造業者が淋病に効果があると兼ねてから主張していた経緯からリステリンのクールミントとトータルケアの2種類が使用され、実験の内容は2チームに分かれた内の1チームはリステリン1分間口をゆすいで洗浄し、もう1チームは食塩水で同じように1分間口をゆすいで洗浄し、すでに感染している淋病の原因菌がどのような変化を示すか?というもの。

この実験の結果、洗浄前と洗浄後の淋菌の残留比がリステリンを使用したチームでは約52%・食塩水を使用したチームでは約84%で、さらに口内洗浄から5分後ではリステリンを使用した被験者の方は淋菌検査で淋病の陽性反応が出る可能性が20%と淋菌の減少がみられ、一方の食塩水ではほとんど淋菌の減少がみられなかった。

現段階においては咽頭の淋菌に効果が期待できるのは実験に用いられたリステリン2種で他のマウスウォッシュでの研究報告などは発表されていませんが手軽にすぐ出来、口臭や虫歯予防と共に性病の咽頭感染予防も出来るので是非取り入れたいですね。

ものによっては自己治療も可能な時代

性病は今では医療の進歩により有効な治療薬も多く開発されています。また、インターネットの普及など私たちを取り巻く環境も随分とグローバルに発展し何かと便利になり、少し前まではそうした治療薬は病院でしか手に入りませんでしたが、個人輸入というものが出来てからインターネットで誰でも簡単に処方箋や診察なしに有効な治療薬を手に入れることが出来、自宅で自己治療できる時代になりました。

性病に関しては自己治療できるものと出来ないものがありますが、それでもほとんどのものが治療薬で自己治療可能です。ちなみに今回紹介した淋病の治療薬にはこのようなものがあり個人輸入が可能です。

【ジスロマック250mg】

ジスロマック

ジスロマック250mgの購入はこちら

【ジスロマックのジェネリック アジー250mg】

アジー250

アジー250mgの購入はこちら

【ジスロマックのジェネリック アジー500mg】

アジー500

アジー500mgの購入はこちら

【ジスロマックのジェネリック アジー1000mg】

アジー1000

アジー1000mgの購入はこちら

男性よりも女性の感染者が多い

性病は男女ともに増加傾向にありますが、男性よりも女性の感染が特に多いのが今の現状です。

これは、男性よりも女性の方が症状に気が付きにくいため放置されていることが大きな要因だと考えられます。しかし、性病は男性よりも女性の方がのちの悪影響が大きく放置してしまうと将来不妊を招いたり、妊娠した際におなかの赤ちゃんに影響を及ぼすこともあります。最近では婦人病も多くなっているので、女性は特にそうした点から積極的に婦人科の定期健診を受け、同時に性病の検査もしてもらうことを強くお勧めします。

down

コメントする